天然水サーバーの比較と私のおすすめランキング

自宅の水をウォーターサーバーにするだけで月間12時間は節約できる?では、天然水もRO水もあまり変わらないよ。といってしまったわけですが、とはいえ、天然水を自宅で毎日飲める事はそうとうな贅沢で充実度が上がるのは間違いないです。

おいしい天然水を自宅で飲む手段を考えてみました。

天然水サーバーの比較

天然水をサーバーで飲む方法は私が知る限り実は3種類あります。

天然水を宅配してくれる無料のウォーターサーバーをレンタルする

まず今一番人気になっているランキングをあげると、やはり無料レンタルのウォーターサーバーで、天然水を飲む形式でしょう。お値段的にはこれが一番高いですが、一番おいしいです。ウォーターサーバーの設定温度は6度7度くらいですが、ほとんど地下水から採水される天然水の自然の温度はもうちょっと高いですが近しい温度なのです。山や川で飲む水はひんやりして美味しいじゃないですか。 まさに温度も天然の設定というのが素晴らしい。あえてそうしているかどうかは知りませんがとにかくちょうど良い温度なのです。

常温でしか飲めないがボックスタイプの天然水を宅配してもらう

平成に入ったころからでしょうか。私の記憶限定で話しますけど、常温で段ボールの中にビニールに包まれた天然水を入れて、そこに注ぎ口が付いた形式のサーバー。たぶん平成に入ったころから出始めた気がします。私もまだ大人ではなかったのですが、家でその手のタイプの天然水を飲んでいた記憶があります。

このタイプ意外と人気でネット通販で宅配してもらう事も出来ます。デメリットは常温でしか飲めないところです。冷蔵庫に入れるのにもちょっと大きすぎるので冷やして飲むのはとても難しいです。一部のエセ識者の中には、衛生面に問題があるといいますが、パックに空気は入らないと思うので、定められた期間に飲みきれば問題は無いかと思います。

ただ、冷えた水がでないので、自宅でずっとこれを使っている人は少ない気がします。こちらもBBQだとか、何か大勢で集まる時にあるとなんとなく良いですね。

ただ、天然水の種類としてはこのタイプのサーバーが一番多い気がします。あまり需要は無いと思いますが、色んな天然水を飲みたいんだよねと言う方はこの常温タイプの天然水サーバーが良いかもしれません。

市販ペットボトルそのまま刺すウォーターサーバー

変わり種であまり人気ではないですが冷水・温水が楽しめる2リットルタイプの水をそのままウォーターサーバーに突き刺して使うタイプのウォーターサーバです。

メリットは、近くのコンビニなどで買った水をブスっとさしてすぐ使えること。ただ衛生面的にどうなのかという問題はありますね。あと、見た目もなんだかダサい。

私はあまり好きじゃないですね。このサーバーは。

独断と偏見の天然水サーバーランキング

独断と偏見の天然水サーバーランキングを紹介します。やはり、まず第一にレンタル無料であること。天然水を宅配してくれることが私の中では条件としてはずせません。それを加味したうえでのランキングとしてみてください。

第一位:南アルプスの天然水サーバー

南アルプスの天然水は長年愛されてきた市販の天然水の中でも飲みやすい。冷蔵庫で冷やすよりもウォーターサーバーの温度のほうが、この水の適正温度だと思います。山の地下水で摂れる温度とウォーターサーバーの温度が近いからじゃないかと私は勝手に解釈しています。大手サントリーのサーバーなので機能面はばっちり文句のつけようがありません。そしてデザインもなかなか。

第2位:プレミアムウォーター

ここは、スペック面で注目したいウォーターサーバーです。水の話になりますがナチュラルミネラルウォーターです。採水された天然水を限りなく自然に近い形で工場で管理されて販売まで行われている水なので気分的にはばっちり。サーバーはちょっとださめです。

第3位:富士山の天然水を使っているウォーターサーバー達

やはり、天然水のオーソドックスはどれかなと考えた時富士山の湧水でしょう。採水場所はだいたい同じなので富士山の天然水と歌っているウォーターサーバー会社は沢山ありますので、どれでもあまり変わらないと思います。

富士山の天然水のメリットはパナジウムというミネラルが取れる点なので、そこの含有量で比較するのもありかもしれません。

かなり適当なランキングになっていると思いますので、本格的な宅配水ウォーターサーバーを検討したい方は以下をご参考下さい。

参考:http://water-server-takumi.net/